不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

2015年05月23日(土)

コンサルティングの役割とは 2 [不動産コンサルティング技能登録制度]

不動産コンサルティング技能登録は、平成5年に設立された制度です。

この頃は、不動産の有効利用がもてはやされていました。
ただ、需要が供給を上回っていたため、モノを作りさえすれば、利用する・借りる人・会社はありました。
付加価値という言葉がはやり、どのようにして高い収益を上げるかが、競われていたように思います。
収益性重視」でした。

今までの縦割りの専門分野の知識では顧客の要求に応えられません。
また、社会がどの方向に向いているの、解りにくくなっています。
「オレオレ詐欺」の事件のように、多くの仕事は顧客に危機を感じさせてその解決法を提示していくというフィードバック型です。
これからの仕事は、顧客と一緒に生活設計を考え、設計した生活の実現に向かって対応していくというフィードフォアード型が必要とされています。

「このままでは相続税が払えません、減らすためには...」と危機を煽るのではなく、「生活設計の実現のために何をするか」という提案と実現が大切なのです。

不動産コンサルティングマスターは勉強しても食えない時代が長く続いていました。
これからが本当に活躍する時代になるのではないでしょうか。

家族ぐるみでの「生活設計と、その実現」が不動産コンサルティングマスターの重要な業務だと思います。

Posted   パーマリンク

2015年04月11日(土)

コンサルティングの役割とは 1 [不動産コンサルティング技能登録制度]

現在は、ありとあらゆる事に、同時に変化が起きています。

不動産の有効利用や、相続・事業承継対策など、対処していかなければいけない事柄はありますが、人類の歴史の中で、大きな転換点にあると思います。

専門家の専門性が価値を無くしてしまうようにも思えます。
一部の人たちが所有していた情報や知識を入手することができるようにもなりました。いとも簡単に。

ビジネス社会の優位性が顧客中心になったため、社会の変化や顧客の体験に重きを置いた「知識、情報」と、その応用が大切になってきました。
従来の専門分野の区分けでは、ユーザーの要望に応えられなくなっています。

私たちは、最適化する間もない、「未来に生きている」のではないでしょうか。

何回かに分けて、考えてみたいと思います。

Posted   パーマリンク

2013年03月22日(金)

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」 [不動産コンサルティング技能登録制度]

画像(180x174)・拡大画像(640x621)

新しい名称が決まりました

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」


Posted   パーマリンク

2005年07月04日(月)

「不動産コンサルティング」制度 [不動産コンサルティング技能登録制度]

1.業務の独立性と報酬受領

@ 不動産コンサルティング業務は、不動産に係る依頼者の広義の意思決 定に係る助言・提言を行 う業務として、宅地建物取引業法上の宅地建物取引主任者業務である不動産の売買・交換や 売買等の代理・媒介業務から分離・独立したものです。
A 不動産開発業務や管理業務などとも業務範囲を異にし、かつ、これらの業務の受託を前提としな い固有の業務です。
B 不動産コンサルティング業務は、その成果について依頼者が報酬を支払うものです。

2.役割分担と流れ(スキーム)

@ 不動産コンサルティング業務の受託にあたっては、依頼者に対し、事前に業務の範囲・内容、費 用・報酬額の見積書等を提示・説明し、報酬受領に関して依頼者の理解と納得を得ます。
A 不動産コンサルティング業務を受託するときは、業務委託契約が締結され、かつその契約書には、 業務内容及び費用・報酬額が明示されます。
B 不動産コンサルティング業務受託の成果物は、企画提案書等の書面で交付し説明します。
                
3.業務の独立性の意義

@ 依頼者の利益の保護ー企画提案段階でコンサルティング業務を完了、独立させることで、事業実 施の意思決定や実施時期、開発業者・媒介業者などの選定について依頼者の選択幅が広がり、 依頼者が自己責任の原則に基づいて主体的に判断できるため、依頼者の利益の保護につながる こと。
A 不動産コンサルティング業務と宅地建物取引業法上の業務の区分

不動産コンサルティング業務を受託した技能登録者が、企画提案書の提出・説明をもって業 務を 完了し、その後、依頼者から媒介業務等の宅地建物取引業法上の業務を受託する場合、上述の不動産コンサルティング業務の基本的条件と事前説明、契約締結、 成果物の書面化の三要件のスキームが確立されることにより、不動産コンサルティング業務の範囲・報酬と宅地建物取引業法上の業務の範囲・報酬との区分が明 確になること。

Posted   パーマリンク

2005年07月01日(金)

不動産コンサルティング業務 [不動産コンサルティング技能登録制度]

  不動産コンサルティング技能試験・登録制度に基づく技能登録者が、「依頼者との契約に基づき、不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場から、不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析等をもとに、依頼者が最善の選択や意思決定を行えるよう、企画、調整し、提案する業務」 です。

Posted   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.