不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

2006年02月20日(月)

日本のリーバース・モゲージ 今後の課題 [リバースモゲージ]

「豊かな高齢社会を実現するリバースモゲージの活用」
普及しない理由として、平成12年4月に自民党が促進法を検討しました。その中には、
@担保価値の下落に備えた公的な保険制度
A不動産売却時の税負担の軽減
Bリバース・モーゲージ債権の証券化のための法整備
がうたわれています。

@貸し手側リスクの存在
地方自治体のサービスや金融機関の商品の枠組みを超えたものを創設する必要があるのではないでしょうか
A借り手側の認知度や制度の必要性に関する意識の存在
世代間の不公平を小さくするために「高齢者は一律弱者」という考え方を転換し、高齢者にも経済的能力に見合った負担を求める方向へ進んでいくでしょう
B既存住宅ストックの老朽化、および中古住宅流通市場が国際的にみても未整備
 以前から言われていることですが、日本は中古住宅の流動性が非常に低いのです。流動性を高めることだけではなく、他に流動性を高めたのと同じ効果を生じさせる方法はないものでしょうか。フランスなどの例を見ると必ずしも不可能ではないように思えますが、、、

日本はこの仕組みを本格的に導入することでは後発国です。
フランスや、アメリカが成功していないわけでもありませんので、

@国による位置付けの明確化
  基本的な政策を謳うことが重要です
A税制面での対応
  不動産譲渡に係わる課税の見直し、相続人とのトラブルを生じさせないように
  固定資産税は担保となる不動産の残存価値は減少していくのに同じ課税でよいのでしょうか、
  特例なども必要になるのではないでしょうか
B中古住宅評価の仕組みと中古住宅流通市場
C公的保険制度の創出
  担保価値の下落に備える
以上を整備し、様々なアイデアを創造していくことが肝要かと思います。
高齢者自身の意識改革も望まれますが、時代とともに意識も変わると思います。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.