不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

2006年03月23日(木)

日本のリーバース・モゲージ 位置づけと新しい仕組みの必要性 [リバースモゲージ]

○ カウンセリングを大切に
団塊の世代が大量に退職します、それぞれの2ndステージへの
思いがあると思います
もっと、制度を利用する人たちの2ndステージへの思いを聞
き、柔軟性をもって事に当たるべきではないでしょうか

○ 資金使途にもっと自由度を持たせたら
今までの画一的な老後のイメージではなく、2ndステージで実
現したいことにも用途を広げ、夢の実現を図りたいものです

○ 公的機関のバックアップ
例えば100才までは借りられるような設計をし、それ以降は年
金や公的制度で通常の老後の生活を営めるように、という2段
構えも良いのではないでしょうか

○ リバースモーゲージと信託
先日、「信託受益権販売業務研修」を受講してきました
信託を利用した年金融資なども大いに活用すべきであると
思います
ex.受益権売却方式、受益権担保差し入れ方式 等

講義で使用したテキスト「信託法」(新井誠 著)を参照

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.