不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

2005年09月14日(水)

ザッツ・コンサルティング [記事掲載事例]

借地権更新時に法人寮を建て替える 6

設計・施工担当者からのコメント

- プロデユーサー機能に期待 -

 コンペの段階からこのプロジェクトに携わり設計施工を担当した立場から、コンサルタントの果たす役割について言えば、設計者をコントロールして、プロデユーサー的な機能に期待するということになるかと思います。
 今回の場合も、もし施主と私たちだけで事業を進めていたら、コストを抑えることだけに主眼を置いたものを創っていたかも知れません。

 たとえば今回は、「寮」という機能や、目的に沿った建築物をコンサルタントとの協議の中から引き出していきましたが、案件によっては立地や環境、経済状況などを視野に入れつつ、テナントの内容や選定までも含めた建築計画を立案するのがコンサルタントだと思います。
 不動産業の中で、コンサルタントを標榜する方は多いようですが、そこまで手掛けないと、単なる仲介の延長で終わってしまうのではないでしょうか。

日本電建株式会社
東京支店建築2課 課長代理
森田 栄三郎 氏

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.