不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

2005年09月14日(水)

ザッツ・コンサルティング [記事掲載事例]

借地権更新時に法人寮を建て替える 5

コンペを提案した効果

 では、小川社長の提案したコンペによって、結果的にどのような「寮」が生まれたのか。小川社長によれば、日本電建の設計は、次の2点に特徴があったという

  1. 不整形な敷地を生かしながら、あえて北向きの住戸をつくることで面積をより多く建築物に当てた。アパートと違って寮の場合、必ずしもすべての住戸に日当たりが求められるわけではない。その分を面積でカバーすることで、1居室でも多く、または広くすることが可能になり、寮という目的と機能をより効果的に発揮することへとつながった。
  2. 道路から奥へ入った部分にエントランスと階段を置き、デザイン的には建物の「顔」が道路側へ来るように、動線的には寮の目的に即して外部から閉ざされた、防犯上望ましい構造とした。出人りには多少の不便さがあるものの、逆にアパートなどには不向きなため、転用を心配するオーナーの理解を得やすい、という副次的効果も期待できる。

 ちなみに、建物に「顔」を持たせたというのは、実施設計時点での小川社長のアイデア。
 建築費は、坪当たり70万円台と、当初予算の8割程度に抑えることができた。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.