不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


カテゴリーリスト

2017年03月22日(水)

「ビザスク」に登録しました [ニュース]

不動産取引における管理、整理、利用、相続、その他についてお話できます

・どちらでご経験されましたか?

株式会社小川商事

株式会社小川商事 代表取締役

・いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
いつ頃、どのくらいの経験を積んだのかが依頼する側からは重要なポイントになります

1982に会社を設立し現在までの34年間。


売買の仲介から始まり、貸地の管理や利用、また有効利用などを手掛けてきました。
近年は、資産承継の準備など、長寿社会の生活設計を手掛けるようになってきています。

・その時どのような立場や役割でしたか?
決裁権限をもっていたのか、それとも現場で実際の業務を行う立場だったのか、など具体的にお書きください

不動産が適切に管理されていない案件が多く、維持・管理ができるように整備の業務を行う立場でしたが、利用方法なども相談されることになり、当事者間での事実上の決済業務にもかかわるようになります。

・得意な分野・領域はなんですか?
得意な分野・領域が明確なほど、依頼者は安心して相談をすることが出来ます

現代の長寿の時代に、一般的に言われる定年以降の生活設計をするお手伝いをします。
不動産の利用状況なども、時代に合わせて変更していくことになると思います。

・経験の詳細・特記事項

今までは、「不動産は基本的に右肩上がり」と認識されることが多かったと思いますが、長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があると思います。
新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。
不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代がきていると思います。
収益を上げることや、所謂相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.