不動産コンサルタントのホームページ

長寿・少子化の時代が到来し、如何に望ましい利用を実現するかを考える必要があります。 新しく民事信託という、主に家族が不動産の利用・管理・処分などを受託する制度なども出てきています。 不動産の本当の特性を考慮して、分割・承継を考えていく時代が来ています。 収益を上げることや、いわゆる相続対策と言われる節税対策をすることによる弊害を考慮しながら生活設計をしていく時代になってきています。 

PHOTO

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

新名称 「公認 不動産コンサルティングマスター」

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

2015年04月11日(土)

コンサルティングの役割とは 1 [不動産コンサルティング技能登録制度]

現在は、ありとあらゆる事に、同時に変化が起きています。

不動産の有効利用や、相続・事業承継対策など、対処していかなければいけない事柄はありますが、人類の歴史の中で、大きな転換点にあると思います。

専門家の専門性が価値を無くしてしまうようにも思えます。
一部の人たちが所有していた情報や知識を入手することができるようにもなりました。いとも簡単に。

ビジネス社会の優位性が顧客中心になったため、社会の変化や顧客の体験に重きを置いた「知識、情報」と、その応用が大切になってきました。
従来の専門分野の区分けでは、ユーザーの要望に応えられなくなっています。

私たちは、最適化する間もない、「未来に生きている」のではないでしょうか。

何回かに分けて、考えてみたいと思います。

ページのトップへ ページのトップへ

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
「家族信託契約」の設計コンサルティングを行っています。 Copyright (C) 1985-2010 株式会社小川商事 All rights reserved.